【子連れ海外旅行】必要な持ち物8選~1歳から2歳編~

香坂翠
香坂翠

1~2歳になると、海外旅行の持ち物も赤ちゃんだった時に比べてぐっと減ります。おむつ交換の頻度が低くなるので紙おむつの数は少なくて済みますし、ミルクを卒業した子ならもう水を持ち込む必要もありません。

それでも、持って行くのを忘れると旅行先で困ってしまうものはたくさんあります。この記事ではそのようなトラブルを避けるために、1~2歳の子を海外に連れて行く時の必需品”9選”を紹介します!

0歳の赤ちゃんを海外旅行に連れていく場合の持ち物は別記事で紹介していますので、こちらも参考にしてください。

【子連れ海外旅行】持ち物9選~1歳から2歳編~

軽量ベビーカー(バギー)

日常ではもうべビーカーに乗ることも少なくなってきた頃かもしれません。けれど異国の地では子供も何かと疲れやすいらしく、案外おとなしく乗ってくれることが多いです。ぜひ、捨てても惜しくない安価なものを持って行きましょう。

うちは近所のショッピングモールで偶然安売りセールになっていた3000円くらいの軽量ベビーカーを買って持って行きました。

ネットならセールでなくても3000円ちょっとで売っています。

旅行中に抱っこでヘトヘトになるのを避けるためにも、是非持って行きたいアイテムです!

JTC ベビーバギー MA-o グレー

ストロー付きボトルキャップ、子供用のお茶

ストロー付きボトルキャップは、500ミリリットルのペットボトルのキャップを外して飲み口に取り付けるだけでストローマグのように利用できる商品です。赤ちゃんの時には吸う力が弱くて飲めなかったのですが、1歳を過ぎたころから使えるようになりました。ペットボトルから飲めるようになると水筒を毎日洗う必要もないのでとっても楽です!

子供用のお茶も500ミリリットルペットボトルのものを 持って行くのがおすすめです。海外では衛生状態が悪い可能性が高い上、麦茶だと思っても砂糖入りなんていう場合も・・・。

私はストロー付きボトルキャップに加えて、子供用の500mlのペットボトルのお茶を日数×1本持って行きました。

ストロー付きボトルキャップはスケーター製をおすすめします。500円以下で購入できて、保管ケースやストラップまでついています!また、ワンプッシュでスムーズにオープンできる構造になっているので、お子さんの小まめな水分補給に威力を発揮します。

自信をもっておすすめできる製品です!

スケーター 携帯ケース付 ペットボトル ストローキャップ 350ml 500ml ブルー 

消毒用アルコールジェル、除菌ウエットティッシュ

赤ちゃんの時よりも好奇心旺盛になった子供は、なんでもベタベタ触りたがります。そしてその手で顔を触ったり手づかみでものを食べようとしたり・・・。除菌アイテムは引き続き持って行きましょう。アルコール入り除菌シートと、お出かけ用の小さい手ピカジェルのようなものがおすすめです。

アマゾンで除菌ウェットティッシュを検索!

シールブック、塗り絵など

シールブック_子連れ海外旅行_持ち物9選

長時間のフライト、レストランで料理が出てくるまで・・・好奇心旺盛になっている分、0歳の時よりも圧倒的に「静かに待つ」ことができなくなっています。シールブックや塗り絵のようにとにかく時間を稼げるおもちゃを大量に用意しましょう。パズルのようなパーツをなくしがちなおもちゃはおすすめできません。

私はダイソーで買ったシールブックを3冊くらい持って行きました。

シールブックはいろいろなキャラクターのものが売られているので、きっとお子さんの大好きなキャラクターのシールブックが見つかるはずです!

おやつ、ジュース

子連れ海外旅行_持ち物9選_juice

機内や現地でのイベント参加時などに子供がぐずった時におやつ、ジュースは絶対必要です。ジュースは特に、飛行機内での離陸時に耳抜きをする時に必須です。もう授乳も頻繁ではない子や卒乳した子も多いでしょうから、耳抜きにはジュースが便利ですね。

ジュースは小分けになった紙パックのものがおすすめ。飛行機に乗るときは、1つか2つは手荷物に入れて残りはスーツケースに入れておきましょう。

ただし、果汁が少ないジュースは砂糖水を飲んでいるようなものなので、おすすめしません。お子さんの健康のためにも、果汁100%のものを選ぶようにしましょう!

明治のアンパンマンジュースは、果汁(野菜汁)100%なので、安心し子供に飲ませられます。

タブレット

【子連れ海外旅行】必要な持ち物9選_tablet

できればあまりタブレットに頼りたくないものですが、旅行時はそうも言っていられません。できる限りシールブックや塗り絵でしのぎ、最終手段として持っておきましょう。

タブレットにはあらかじめ動画やゲームを大量にダウンロードしておくことを忘れずに。機内Wi-Fiが使える便だったとしても、不安定なので動画などを見るのにはあまり適していません。

私は貰い物のiPad Air2を持って行きましたが、iPadのような高価なものである必要はないと思います。Amazon Fireのような1万円程度の激安のタブレットでも大活躍間違いなしです!

香坂翠
香坂翠

スマートフォンも同じように使えますが、旅先で電池が切れる危険性を考えると、スマートフォンとは別にタブレットを持っておいたほうが安心です!

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB – Alexa搭載

レトルト幼児食

1歳半も過ぎると、ほぼ大人と同じものを食べられます。現地の料理も大抵のものは食べられますし、せっかくなので食べさせてあげたいですよね。レトルトの幼児食は、大人が辛いものや油ギッシュな食事をしたい時に食べさせることを想定して、何個か持って行く程度で大丈夫です。お弁当箱セットになっているものもありますが、持ち運ぶのにかさばるので袋入りの方がおすすめです。

こちらの和光堂のいろんな味がセットになっています。これだけ買っておけば、毎日違う味が楽しめるのでおすすめです。

和光堂 グーグーキッチン [12か月頃から] おすすめセット ベビーフード 6種×2袋(12袋)

8.プラスチックの使い捨てスプーン

子供用の食器を持って行っても、海外でわざわざ洗うのは大変です。

プラスチック製スプーンは、使い捨てで毎食後には捨てれば良いだけなので楽な上、とても衛生的です。

100均などで大量に入ったものが売っているのでおすすめですよ。

9.紙おむつ

紙おむつは書くまでもなく持って行くリストに入れている方が多いと思います。現地で手に入れられる場合も多いですが、日本製のものは高かったり、慣れない現地製のものを使うとお尻が荒れたりしますので、スーツケースに余裕がある限りは持って行くことをお勧めします。

1歳を過ぎるとおむつ交換の頻度が減るので、1日4枚程度×日数分程度で良いでしょう。

まとめ

以上、いかがでしたでしょうか。

意外と子供の海外旅行の際の持ち物って、年齢によって違ってくるものですよね。ぜひ参考にして、お子さんと素敵な旅行をお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました